岡田佳太郎略年譜
西暦 和暦 年令 事項
1866 慶應 2  0才 幕臣の子として江戸で誕生
1879 明治12 13才 9月 東京大学予備門入学(出身地は静岡との記録) (中途退学)
1887 明治20 21才 2月 神奈川県警部補
1890 明治23 24才 10月 神奈川県警部
1901 明治34 35才 12月 神奈川県庁蜀となり通訳官 明治36年10月 解官
1904 明治37 38才 米国セントルイス万国博覧会の神奈川県出品協会事務長として渡米 同年9月帰国 11月復職 警部兼神奈川県庁蜀官
1905 明治38 39才 5月 横須賀逸見の按針塚発掘調査に関わり英国要人対応通訳
8月 周布公平神奈川県知事の代理人として理学博士坪井正五郎邸で『安針塚実査報告』を受領し『復命書』を添えて周布知事に報告 (岡田佳太郎が坪井正五郎を訪問した折に、岡田が坪井に渡した岡田の名刺を東京大学大学院情報学環が所蔵している)
1906 明治39 40才 6月 神奈川県警視に昇進し横浜水上警察署長に就任、露国と清国から勲章の贈与を受ける
横浜市伊勢町2丁目38(現横浜市西区伊勢町)居住
不明 不明 不明 日露戦役の功により正七位勲七等に叙せられ賜金を拝受
1919 大正 8 53才 横浜共運(株)創立とともに専務取締役に就任
1922 大正11 56才 6月 抵当流れで新所有者となった地主から地代の2~5倍の値上げ通知を受けて、借地人50余名・借家人500余名を代表する交渉委員に岡田佳太郎外6名が選ばれた
1933 昭和 8 67才 横浜共運(株)専務 および 同社代表者 との記録が別々にある
1936 昭和11 70才 交詢社刊「日本紳士録」第40版に「横浜共運(株)専務、中、西戸部八一五」と掲載されたのを最後に、以降「日本紳士録」に掲載されていない
[注] 次の資料を参考に作成した。
国立国会図書館デジタルコレクション 東京大学予備門一覧:本黌. 明治12-13年
森田忠吉編「開港五十年紀念横浜成功名誉鑑」1910年 横浜商況新報社刊
横浜開港資料館館報「開港のひろば」第79号 2003年2月5日刊
時事新報 明治38年5月24日号
神戸大学附属図書館Webサイト
横浜貿易新報社編「神奈川県名鑑」1935年 横浜貿易新報社刊
交詢社刊「日本紳士録」第37版(1933)-第47版(1944)
★外に、情報をご存じの方は、本Webサイト「按針亭」管理人宛に連絡下さい。